赤ちゃんの脳の成長が向上するDHAは妊活・妊娠中から摂ろう

オメガ3脂肪酸を妊娠中・授乳中に摂取すると、胎盤やへその緒を利用してあかちゃんに栄養成分が供与されます。細胞や神経細胞、脳が確実に活動することから欠かすことができない栄養成分の為、葉酸と並行して、妊娠中・授乳中のお母さんに薦められているのです。

 

妊娠中にオメガ3脂肪酸のサプリを取り入れた妊婦一団と偽薬(プラセボ)を取り入れた妊婦を対比させたこと、オメガ3脂肪酸サプリを摂り入れた妊婦の方が早産・低誕生ウエイト児の危険が少ないという発表を行っています。

オメガ3については、DHAやEPA、ALA等の脂肪酸のカテゴリーだと言えます。トータルの細胞と細胞膜を形作っていまして、DHAとEPAは脳、神経、網膜、腎臓、性腺などというカラダの中であっても重い役割のしくみを作りあげているのです。脂肪酸は、常温で固まって辛い「不飽和脂肪酸」と硬くなり易い「飽和脂肪酸」があって、オメガ3系脂肪酸(DHA、EPAなど)は常温で凝固しづらく、体の内側で作り出すことが困難な「不飽和脂肪酸(必須脂肪酸)」に区分けされます。

DHAは脳や神経細胞、目の網膜等の細胞膜を作り上げている絶大なるメイン成分。人々の脳は水気を除外したたいてい50%が脂質で成り立っていて、その中の4~5%がDHAだそうです。そのようにメモリー習得作用をつかさどっている「海馬」と呼ばれる「メモリー」「教育」用途を調整する部位には次のゾーンの2倍を凌ぐDHAが存在するのです。

神経細胞の細胞膜に種々のDHAの見られると、脳内のデータが伝達しが楽になってくるのです。脳細胞の活発化=脳の効用がアクティブに変わりたくましく成育が進んでください。そして、目の網膜というような細胞膜のメイン素材の側面もあるせいで視力矯正機能が在り得ます。
DHAサプリ 妊娠中