ダイハツアトレーワゴンの買取査定

この度、ディーラーで新車を買うことになりました。
そこで、現在乗っている車を下取りにだすか、他社に買い取ってもらうか見積もりをとることにしました。
対象の車は、新車購入してから10年以上乗っており、走行距離が10万キロを超えたダイハツのアトレーワゴンです。

まず、ディーラーです。
私を担当する営業は、店長さんでした。
ディーラーでは、新車購入の値引きやオプション、下取り価格トータルで勝負してくるはずなので、こちらとしては、値引きとオプションで強気に押していく作戦に出ました。

その結果、下取り価格は18万円ほど。
次に最寄りの中古社販売店Aと商談です。
最初に示した下取り価格は、15万円でした。

ディーラーとの話を元にして、なんとか19万円まで上がりました。
しかし、「ここは期待できないな」という印象をもちました。
次にネットを利用して2社に見積もりを依頼しました。

B社が車を見にきてくれ、下取り金額を22万円と査定してくれました。
C社も車を見にきてくれ、同じく下取り金額を、23万円と査定してくれました。
さて、ここからが勝負です。

B社に他社で23万円の連絡を頂いてる旨を伝えると、24.5万円まで出すと言ってくれました。
C社にそれを伝えると、「上司と相談します。
いくらなら売ってもらえますか?」とのことで、必要に食い下がります。

なので、26万円でお願いしたい事を伝えると、「分かりました。
電話してきます。
」と言い、「上司からOKでました」との運びになりました。

ディーラーやA社やB社に断りの連絡を入れていたら、なんとC社から「この取引はなかったことにしてください。
」との連絡が入りました。
それは、ヒドイだろうと思いながら、C社とは取引がなくなりました。

そこで、B社に再度連絡をとると24.5万円で良いなら、買取りますよとのこでしたので、B社にお願いしました。
最終的にB社に売却できたらから良かったものの、C社のようなヒドイ会社もあるんだなということが分かり、いい勉強になりました。
今後C社を利用することがあったとしても、最終的な取引先には絶対に選ばないことを心に決めました。
車買取札幌での口コミ高額査定業者スピードチェック